People – Yutaro Nemoto, Ph.D

根本 裕太郎

東京都立産業技術研究センター IoT技術グループ 副主任研究員

研究分野

サービス工学,設計工学

研究キーワード

サービスデザイン, Transformative Service Research, 製造業のサービス化, Product-Service Systems, IoT

研究業績

Google scholar | Researchmap
(以下,太字はTSRに関連)

Journal Papers

  1. Tsutsui, Y., Mitake, Y., Hosono, S., Nemoto, Y., Sholihah, M., and Shimomura, Y. (2021). A context analysis method for empathy in co-creative innovation. Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, 15(2). doi: https://doi.org/10.1299/jamdsm.2021jamdsm0014
  2. Kimita, K., Muramatsu, K., and Nemoto, Y. (2020). Ontological descriptions for integrating design information of product-service systems. International Journal of Automation Technology, 14(5): 690–699. doi: 10.20965/ijat.2020.p0690
  3. Shimomura, Y., Nemoto, Y., Ishii, T. and Nakamura T. (2017). A method for identifying customer orientations and requirements for product-service systems design. International Journal of Production Research, 56(7): 2585–2595. doi: 10.1080/00207543.2017.1384581
  4. Muramatshu, K., Kimita, K., Ishii, T., Nemoto, Y., Tanaka, E., Watanuki, K., Matshui, T. and Shimomura, Y. (2017). Ontological descriptions of receiver states for sharing knowledge in learning service design. Journal of Advanced Mechanical Design, Systems and Manufacturing, 11(1): 1–13. doi: 10.1299/jamdsm.2017jamdsm0008
  5. Shimomura, Y., Nemoto, Y., and Kimita, K. (2015). A method for analysing conceptual design process of product-service systems. CIRP Annals – Manufacturing Technology, 64(1): 145–148. doi: 10.1016/j.cirp.2015.04.035
  6. Nemoto, Y., Uei, K., Sato, K., and Shimomura, Y. (2015). A context-based requirements analysis method for PSS design. Procedia CIRP, 30(): 40–47. doi: 10.1016/j.procir.2015.02.095
  7. Nemoto, Y., Akasaka, F., and Shimomura, Y. (2015). A framework for managing and utilizing product-service system design knowledge. Production Planning & Control, 26(14-15): 1278–1289. doi: 10.1080/09537287.2015.1033493
  8. Shimomura, Y., Nemoto, Y., Akasaka, F., Chiba, R., and Kimita, K. (2014). A method for designing customer-oriented demand response aggregation service. CIRP Annals – Manufacturing Technology, 63(1): 413–416. doi: 10.1016/j.cirp.2014.03.117
  9. Nemoto, Y., Uei, K., Mizoguchi, S., and Shimomura, Y. (2014). Strategic thinking in EDIPS: Edutainment for designing product-service systems. Procedia CIRP, 16(): 92–97. doi: 10.1016/j.procir.2014.01.012
  10. Shimomura, Y., Nemoto, Y., Akasaka, F., and Kimita, K. (2013). A method for negotiating various customer requirements for public service design. Axioms, 3(1): 1–9. doi: 10.3390/axioms3010001
  11. Fujita, K., Akasaka, F., Kimita, K., Nemoto, Y., Kurita, Y., and Shimomura, Y. (2013). Supporting idea generation in business design in manufacturing industries. International Journal of CAD/CAM, 13(2): 63–71.
  12. Shimomura, Y., Kimita, K., Tateyama, T., Akasaka, F., and Nemoto, Y. (2013). A method for human resource evaluation to realize high-quality PSSs. CIRP Annals – Manufacturing Technology, 62(1): 471–474. doi: 10.1016/j.cirp.2013.03.061
  13. Akasaka, F., Nemoto, Y., Chiba, R., and Shimomura Y. (2012). Development of PSS design support system: Knowledge-based design support and qualitative evaluation. Procedia CIRP, 3(): 239–244. doi: 10.1016/j.procir.2012.07.042
  14. Akasaka, F., Nemoto, Y., Kimita K., and Shimomura, Y. (2012). Development of a knowledge-based design support system for product-service systems. Computers in Industry, 63(4): 309–318. doi: 10.1016/j.compind.2012.02.009
  15. Nemoto, Y., Akasaka, F., Chiba, R., and Shimomura, Y. (2012). Establishment of a function embodiment knowledge base for supporting service design. Science China Information Sciences, 55(5): 1008–1018. doi: 10.1007/s11432-012-4561-3
  16. 赤坂文弥, 根本裕太郎, 木見田康治, 下村芳樹 (2011). 機能の入出力表現に基づくサービスの設計知識管理手法. 精密工学会誌, 77(11): 1050–1056. doi: 10.2493/jjspe.77.1050

Proceedings Papers

  1. Ho, Q. B and Nemoto, Y. (2021). Design for Service Exchange: A Service Design Framework for Human Well-Being. In Proceedings of the Frontiers in Service Conference 2021, Online, xxx-xxx.
  2. Nemoto, Y., Kobelt, D., Herrmann, J.P., and Tackenberg, S. (2021). Employee Well-being and Organisational Performance: a Serious Game for Investigating Perceived Social Impacts of Digital Technologies. In Proceedings of the 67th Spring Congress Gesellschaft für Arbeitswissenschaft, Bochum, Germany/Online, B.10.13.
  3. Tsutsui, Y., Mitake, Y., Hosono, S., Nemoto, Y. , Sholihah, M., and Shimomura, Y. (2019). A Method for Accelerating Design Innovation Using Context Structuration and Visualization. In Proceedings of the 2019 International Design and Concurrent Engineering Conference (iDECON 2019), Fukushima, Japan.
  4. Noto, Y., Muto, K., Nemoto, Y., Sato, K., and Shimomura, Y. (2015). A Framework for Customer Goal Modelling Considering Value-in-Context.. In Proceedings of the 2015 Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE 2015), Fukuoka, Japan.
  5. Kimita, K., Nemoto, Y., and Shimomura, Y. (2015). A Method for PSS Business Planning Based on Life Cycle Cost Assessment. In Proceedings of the 2015 Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE 2015), Fukuoka, Japan.
  6. Muramatsu, K., Kimita, K., Ishii, T., Nemoto, Y., Tanaka, E., Watanuki, K., Matsui, T., and Shimomura, Y. (2015). Ontological Descriptions of Receiver States for Sharing Knowledge in Learning Service Design. In Proceedings of the 2015 International Design and Concurrent Engineering Conference (iDECON 2015), Tokushima, Japan.
  7. Kimita, K., Muto, K., Mizoguchi, S., Nemoto, Y., Ishii, T., and Shimomura, Y. (2015). Learning State Model for Value Co-Creative Education Services. In Proceedings of the 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), Los Angels, USA: 341–349.
  8. Mizuno, M., Toya, K., Ozawa, K., Nemoto, Y., Arai, K., Oura, K., Ishii, A., and Ohnishi, T. (2015). Quantifying the Impact of Contagion of Customer (Dis-) Satisfaction: An Agent-Based Approach for a B2B Financial Service. In Proceedings of the Frontiers in Service Conference 2015, San Jose, USA.
  9. Mizuno, M., Toya, K., Ozawa, K., Nemoto, Y., Arai, K., Oura, K., Ishii, A., and Ohnishi, T. (2015). The Moment When Every Stakeholder Becomes Happier: A Case of a Regional B2B Financial Service. In Proceedings of the 3rd International Conference on Serviceology (ICServ 2015), San Jose, USA.
  10. Mizoguchi, S., Ishii, T., Nemoto, Y., Kaneda, M., Bando, A., Nakamura, T., and Shimomura, Y. (2015). A Method for Supporting Customer Model Construction Using a Topic Model for Public Service Design. In Proceedings of the 3rd International Conference on Serviceology (ICServ 2015), San Jose, USA.
  11. Tanaka, H., Noto, Y., Nemoto, Y. and Shimomura, Y. (2015). A Method for Visualizing Product-Service System Design Process. In Proceedings of the 3rd International Conference on Serviceology (ICServ 2015), San Jose, USA.
  12. Kimita, K., Nemoto, Y., and Shimomura, Y. (2014). Value Analysis Method for Learner Centered Instructional Design.. In Proceedings of the 2nd International Conference on Serviceology (ICServ 2014), Ishikawa, Japan: 143–144.
  13. Nemoto, Y., Uei, K., Kimita, K., Ishii, T., and Shimomura, Y. (2014). A Conceptual Model of Co-Growth of Provider and Receiver towards Value Co-Creative Service. In Proceedings of the 2nd International Conference on Serviceology (ICServ 2014), Ishikawa, Japan: 124–126.
  14. Kawase, K., Shindo, J., Nemoto, Y., Akasaka, F., and Shimomura, Y. (2014). A Method for Visualizing Service Values Using Monte Carlo Simulation. In Proceedings of the 15th International Conference on Precision Engineering (ICPE2014), Ishikawa, Japan: 317–320.
  15. Nemoto, Y., Uei, K., Tanaka, H., Akasaka, F., Kimita, K., Sato, K., and Shimomura, Y. (2014). Visualizing Common and Collision Requirements of Multiple Stakeholders for Service Improvement. In Proceedings of the 15th International Conference on Precision Engineering (ICPE2014), Ishikawa, Japan: 843–844.
  16. Uei, K., Fujiwara, T., Kazawa, A., Nemoto, Y., Kimita, K., and Shimomura, Y. (2014). Learning Effect Evaluation of an Educational Tool for Product-Service System Design Based on a Viewpoint of Learner. In Proceedings of the 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2014), Creta, Greece: 643–652.
  17. Kimita, K., Nemoto, Y., and Shimomura, Y. (2014). Application of a Requirement Analysis Template to Lectures in a Higher Education Institution. In Proceedings of the 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2014), Creta, Greece: 594–601.
  18. Uei, K., Fujiwara, T., Nemoto, Y., and Shimomura, Y. (2014). Learning Effect Evaluation of an Educational Tool for Product-Service System Design. In Proceedings of the 13th International Design Conference (DESIGN 2014), Dubrovnik, Croatia: 1431–1440.
  19. Toya, K., Ozawa, K., Arai, K., and Nemoto, Y. (2014). Three dimension model of value co-creation. In Proceedings of the International Service Research Conference AMA SERVSIG 2014, .
  20. Uei, K., Nemoto, Y., and Shimomura, Y. (2013). EDIPS: Effective and Enjoyable Product-Service System Design Education through Active Thinking. In Proceedings of the 1st International Conference on Serviceology (ICServ 2013), Tokyo, Japan: 107–116. doi: 10.1007/978-4-431-54816-4_12
  21. Nemoto, Y., Akasaka, F., and Shimomura, Y. (2013). A Knowledge Management Method for Supporting Conceptual Design of Product-Service Systems. In Proceedings of the 2013 International Design Engineering Technical Conference (ASME IDETC 2013), Portland, USA. doi: 10.1115/DETC2013-13114
  22. Nemoto, Y., Akasaka, F., and Shimomura, Y. (2013). Model-based Framework for Management of PSS Design Knowledge. In Proceedings of the 22nd International Conference on Engineering Design (ICED 13), Seoul, Korea: 279–286.
  23. Akasaka, F., Nemoto, Y., and Shimomura, Y. (2013). Product-Service Systems Design focusing on System Aspect: Total Value Creation for Various Stakeholders. In Proceedings of the 5th CIRP Conference on Industrial Product-Service Systems (CIRP IPS2 2013), Bochum, Germany: 371–382.
  24. Nemoto, Y., Akasaka, F., and Shimomura, Y. (2013). Knowledge-Based Design Support System for Conceptual Design of Product-Service Systems. In Proceedings of the 5th CIRP Conference on Industrial Product-Service Systems (CIRP IPS2 2013), Bochum, Germany: 41–52.
  25. Kawase, K., Nemoto, Y., Akasaka, F., and Shimomura, Y. (2013). Product Service Systems Design Focusing on System Aspect: Total Value Creation for Various Stakeholders. In Proceedings of the 13th Design Engineering Workshop (DEWS2013), Fukuoka, Japan.
  26. Fujita, K., Akasaka, F., Kimita, K., Nemoto, Y., Kurita, Y., and Shimomura, Y. (2012). Supporting Idea Generation in Business Design in Manufacturing Industries. In Proceedings of the 2012 Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE 2012), Hokkaido, Japan.
  27. Akasaka, F., Nguyen, N.H., Nemoto, Y., Lenz, B., Shimomura, Y., and Stark, R. (2012). Adaptation of the Service Self Checklist for Industrial Product-Service Systems. In Proceedings of the 4th CIRP Conference on Industrial Product-Service Systems (CIRP IPS2 2012), Tokyo, Japan: 499–504.
  28. Nemoto, Y., Akasaka, F., and Shimomura, Y. (2012). A Knowledge-Based Design Support Method for Product-Service Contents Design. In Proceedings of the 4th CIRP Conference on Industrial Product-Service Systems (CIRP IPS2 2012), Tokyo, Japan: 49–54.
  29. Akasaka, F., Nemoto, Y., Chiba, R., and Shimomura, Y. (2012). Development of PSS Design Support System: Knowledge-based Design Support and Qualitative Evaluation. In Proceedings of the 45th CIRP Conference on Manufacturing Systems (CIRP CMS 2012), Athens, Greece: 271–278.

Domestic Conference Papers

  1. 根本裕太郎, ホーバック (2020). Well-beingを物語るサービスデザイン. サービス学会第8回国内大会講演論文集, Online.
  2. 根本裕太郎 (2019). ウェルビーイング志向のサービス設計に向けたフレームワークの提案. サービス学会第7回国内大会講演論文集, 東京.
  3. 根本裕太郎 (2018). ウェルビーイング志向のIoTサービス設計に向けて. 日本機械学会第28回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 沖縄.
  4. 松葉明日華, 古川あずさ, 吉田万貴子, 根本裕太郎 (2018). 社会・技術の変化を捉えたヘルスケアサービスのビジョン作成. サービス学会第6回国内大会講演論文集, 東京.
  5. 村松慶一, 木見田康治, 石井隆稔, 根本裕太郎, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則, 下村芳樹 (2015). 学習サービス設計における学習状態に関する概念記述の試み. 日本機械学会2015年度年次大会論文集, 北海道.
  6. 村松慶一, 木見田康治, 石井隆稔, 根本裕太郎, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則, 下村芳樹 (2015). 学習サービス設計における知識共有に向けた受給者の状態に関する概念記述. 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 長野.
  7. 根本裕太郎, 能登裕一, 下村芳樹 (2015). 長期的視座に基づく製品サービスシステムの設計手法. 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 長野.
  8. 能登裕一, 石井隆稔, 根本裕太郎, 佐藤啓太, 下村芳樹 (2015). 利用時のコンテキストを考慮したサービスモデリング手法. 2015年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集, 宮城: 669–670.
  9. 木見田康治, 根本裕太郎, 松居辰則, 下村芳樹 (2015). サービス視点にもとづく高等教育の特徴に関する一考察. 2015年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集, 宮城: 659–660.
  10. 根本裕太郎, 下村芳樹 (2015). サービスにおける文脈価値の共創と設計のための理論的枠組み. 2015年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集, 宮城: 667–668.
  11. 村松慶一, 木見田康治, 石井隆稔, 根本裕太郎, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則, 下村芳樹 (2015). メンターと学習者の合意形成の表現に向けた発話内容の概念化の試み. 2015年度人工知能学会全国大会論文集, 北海道.
  12. 木見田康冶, 武藤恵太, 溝口哲史, 根本裕太郎, 石井隆稔, 下村芳樹 (2015). 共創的に学習成果を達成するための教育サービス方法論. サービス学会第3回国内大会講演論文集, 石川: 271–275.
  13. 大浦啓輔, 新井康平, 加登豊, 小沢佳奈, 根本裕太郎, 水野誠, 戸谷圭子 (2015). 顧客収益性および顧客満足度の主観的な管理可能性に対する影響要因. サービス学会第3回国内大会講演論文集, 石川: 261–268.
  14. 戸谷圭子, 水野誠, 小沢佳奈, 根本裕太郎 (2015). サービスエンカウンターにおける共創価値ギャップ. サービス学会第3回国内大会講演論文集, 石川: 69–71.
  15. 新井康平, 石井晃, 大西立顕, 大浦啓輔, 小沢佳奈, 加登豊, 根本裕太郎, 水野誠, 戸谷圭子 (2015). 企業の財務業績と取引ネットワーク構造. サービス学会第3回国内大会講演論文集, 石川: 12–14.
  16. 根本裕太郎, 植井健太朗, 佐藤啓太, 下村芳樹 (2015). 文脈価値に基づく製品サービスシステム設計手法. サービス学会第3回国内大会講演論文集, 石川: 319–322.
  17. 能登裕一, 田中寛起, 根本裕太郎, 下村芳樹 (2015). 製品サービスシステム設計を支援する設計過程可視化手法. 2015年度精密工学会春季大会学術講演会第22回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, 東京: 423–424.
  18. 川瀬健, 根本裕太郎, 石井隆稔, 下村芳樹 (2015). 複数顧客の多様な要求を考慮するサービスの改善設計支援手法. 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 677–678.
  19. 植井健太朗, 根本裕太郎, 佐藤啓太, 下村芳樹 (2015). 製品サービスシステム設計のための顧客コンテキスト抽出手法. 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 665–666.
  20. 斉藤純平, 木見田康冶, 根本裕太郎, 渡辺健太郎, 三輪洋靖, 下村芳樹 (2015). サービス品質向上のためのOJT計画の立案支援手法. 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 663–664.
  21. 木見田康冶, 武藤恵太, 溝口哲史, 根本裕太郎, 石井隆稔, 下村芳樹 (2015). 教育サービスにおける共創価値の向上のための学習状態モデル. 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 657–658.
  22. 石井隆稔, 溝口哲史, 根本裕太郎, 金田麻衣子, 中村俊之, 下村芳樹 (2015). PSS設計のためのトピックモデルによる受給者分類. 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 653–654.
  23. 根本裕太郎, 植井健太朗, 佐藤啓太, 下村芳樹 (2015). マルチコンテキストを考慮した顧客ゴールモデルの提案. 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 667–668.
  24. 根本裕太郎, 植井健太郎, 下村芳樹 (2015). 製品使用コンテキストのモデル化による製品サービスシステム設計手法. Designシンポジウム2014講演論文集, 東京: 526–530.
  25. 石井隆稔, 溝口哲史, 根本裕太郎, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). トピックモデルを用いた学習者特性の分析. 第30回日本教育工学会全国大会講演論文集, 岐阜: 71–72.
  26. 川瀬健, 根本裕太郎, 石井隆稔, 下村芳樹 (2014). 多様な顧客が享受する価値を最大化するサービスの改善設計支援手法. 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 徳島.
  27. 木見田康治, 根本裕太郎, 下村芳樹 (2014). ライフサイクルコスト評価に基づくPSSビジネスモデルの構成法. 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 徳島.
  28. 根本裕太郎, 植井健太朗, 木見田康治, 佐藤啓太, 下村芳樹 (2014). 製品サービスシステムの成長シナリオモデルの提案. 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 徳島.
  29. 石井隆稔, 溝口哲史, 根本裕太郎, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). ペルソナ構成支援手法の高等教育サービスへの適用. 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 鳥取: 645–646.
  30. 溝口哲史, 石井隆稔, 根本裕太郎, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). PSS設計のためのトピックモデルを用いたペルソナ構成支援手法. 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 鳥取: 643–644.
  31. 木見田康治, 根本裕太郎, 石井隆稔, 下村芳樹 (2014). 価値共創を実現する教育サービス設計のための学習者分析手法. 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 鳥取: 641–642.
  32. 根本裕太郎, 植井健太朗, 石井隆稔, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). コンピテンシー・リテラシー概念に基づくサービスの価値共創モデル. 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 鳥取: 639–640.
  33. 小沢佳奈, 戸谷圭子, 水野誠, 根本裕太郎 (2014). 価値共創における顧客と従業員のギャップ. 日本消費者行動研究学会第48回消費者行動研究コンファレンス, 和歌山.
  34. 新井康平, 大浦啓輔, 加登豊, 戸谷圭子, 小沢佳奈, 根本裕太郎 (2014). 顧客別収益の情報内容:マルチレベル分散情報の予測力についての検証. サービス学会第2回国内大会講演論文集, 北海道: 320–324.
  35. 根本裕太郎, 植井健太朗, 溝口哲史, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). Product-Service Systemの理念教育ツールの開発と評価. サービス学会第2回国内大会講演論文集, 北海道: 171–174.
  36. 溝口哲史, 藤原崇司, 植井健太朗, 根本裕太郎, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). PSS理念教育ツールの学習成果測定方法に関する研究. 2014年度精密工学会春季大会学術講演会第21回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, 東京: 89–90.
  37. 田中寛起, 根本裕太郎, 植井健太郎, 進藤淳哉, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). サービス改善のための要求衝突の可視化支援手法. 2014年度精密工学会春季大会学術講演会第21回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, 東京: 91–92.
  38. 藤原崇司, 植井健太朗, 根本裕太郎, 加澤顕, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). 製品サービスシステムのためのエデュテイメントツールの学習効果分析. 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 431–432.
  39. 加澤顕, 根本裕太郎, 木見田康治, 下村芳樹 (2014). 実験的手法に基づく製品サービスシステムの設計過程の分析. 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 417–418.
  40. 進藤淳哉, 赤坂文弥, 根本裕太郎, 下村芳樹 (2014). 受給者に起因する不確実性を考慮したサービスの設計手法. 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 407–408.
  41. 川瀬健, 武藤恵太, 進藤淳哉, 根本裕太郎, 千葉龍介, 下村芳樹 (2014). 受供給者の損失を考慮したデマンド・レスポンス・サービス設計手法. 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 401–402.
  42. 武藤恵太, 川瀬健, 進藤淳哉, 根本裕太郎, 木見田康治, 赤坂文弥, 千葉龍介, 下村芳樹 (2014). 快適性モデルに基づくデマンド・レスポンス・サービス設計手法の提案. 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 399–400.
  43. 植井健太朗, 藤原崇司, 加澤顕, 根本裕太郎, 下村芳樹 (2013). 製品サービスシステム設計に関する教育ツールの学習効果評価. 日本機械学会第23回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 沖縄.
  44. 根本裕太郎, 植井健太朗, 栗田雄介, 赤坂文弥, 木見田康治, 佐藤啓太, 下村芳樹 (2013). 多様なステークホルダの要求分析に基づくサービス提供戦略の設計手法. 日本機械学会第23回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 沖縄.
  45. 加澤顕, 根本裕太郎, 赤坂文弥. 下村芳樹 (2013). 製品サービスシステム設計における意思決定過程の可視化手法. 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 大阪: 703–704.
  46. 根本裕太郎, 植井健太朗, 栗田雄介, 赤坂文弥, 木見田康治, 佐藤啓太, 下村芳樹 (2013). サービス改善のための複数ステークホルダの要求価値の可視化手法. 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 大阪: 669–670.
  47. 川瀬健, 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2013). 価値享受メカニズムに基づくPSSビジネスパターンライブラリの開発. サービス学会第1回国内大会講演論文集, 京都: 369–373.
  48. 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2013). 設計知識管理による製品サービスシステム設計支援手法. サービス学会第1回国内大会講演論文集, 京都: 160–163.
  49. 川瀬健, 藤田和樹, 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹, 木見田康治 (2013). 製品サービスシステム設計支援のためのビジネスパターンライブラリの開発. 2013年度精密工学会春季大会学術講演会第20回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, 東京: 27–28.
  50. 植井健太朗, 加澤顕, 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2013). 製品サービスシステム設計教育のためのビジネスゲームの開発. 2013年度精密工学会春季大会学術講演会第20回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, 東京: 25–26.
  51. 藤田和樹, 赤坂文弥, 根本裕太郎, 栗田雄介, 下村芳樹, 木見田康治 (2013). 市場ニーズを起点とした製造業のPSS事業創出支援手法. 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 1015–1016.
  52. 加澤顕, 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2013). 実験的手法に基づくサービス設計過程の改善. 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 1011–1012.
  53. 周俊, 根本裕太郎, 植井健太朗, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2013). 製品サービス協調設計のための設計知識管理手法. 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 1001–1002.
  54. 加澤顕, 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2012). 設計実験に基づくサービス設計知識の分析. Designシンポジウム2012講演論文集, 京都: 235–239.
  55. 加澤顕, 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2012). 実験的手法に基づくサービス設計知識の分類. 日本機械学会第22回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 広島: 735–743.
  56. 赤坂文弥, 根本裕太郎, 下村芳樹 (2012). 多様な利害関係者の両得関係を実現する製品サービスシステムの設計手法. 日本機械学会第22回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 広島: 651–656.
  57. 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2012). 製品サービスシステム設計支援のための設計知識管理手法. 日本機械学会第22回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 広島: 727–734.
  58. 加澤顕, 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2012). 実験的手法に基づくサービス設計者の思考過程の分析. 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 福岡: 251–252.
  59. 赤坂文弥, 根本裕太郎, 下村芳樹 (2012). 多様な利害関係者の両得関係を実現する製品サービスシステムの設計手法. 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 福岡: 234–244.
  60. 藤田和樹, 赤坂文弥, 根本裕太郎, 栗田雄介, 下村芳樹, 木見田康治 (2012). 製造業の事業展開を支援するニーズとシーズのマッチング手法. 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 福岡: 229–230.
  61. 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2012). 事例知識を用いた製品サービスシステムの概念設計支援手法. 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 福岡: 237–238.
  62. 加澤顕, 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2012). 実験的手法を用いたサービス設計知識の分析. 2012年度精密工学会春季大会学術講演会第19回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, 東京: 59–60.
  63. 山田恭裕, 赤坂文弥, 根本裕太郎, 下村芳樹 (2012). 設計事例の属性情報に基づくサービスの機能担体導出支援手法. 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 733–734.
  64. 赤坂文弥, 根本裕太郎, 下村芳樹 (2012). 製造業のサービス指向型ビジネス設計のための価値提供機会探索ツール. 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 723–724.
  65. 根本裕太郎, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2012). 製造業のサービス指向型ビジネス構築のためのサービスコンテンツ設計支援手法. 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京: 747–748.
  66. 根本裕太郎, 山田恭裕, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2011). サービス機能の実体化に関する設計知識ベースに基づくサービス設計支援手法. 日本機械学会第21回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 山形: 118–122.
  67. 根本裕太郎, 山田恭裕, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2011). サービス設計カタログを用いたサービス設計支援手法. 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 石川: 93–94.
  68. 山田恭裕, 赤坂文弥, 根本裕太郎, 下村芳樹. 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, . (2011). サービス機能を実現する実体の特性を考慮したサービス設計解候補の評価. 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 石川: 79–80.
  69. 根本裕太郎, 山田恭裕, 赤坂文弥, 下村芳樹 (2011). サービス工学に基づくサービスCADシステムの構築(第98報) -サービス設計支援のための機能の実体化に関する知識ベースの構築. 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京(中止): 569–570.
  70. 赤坂文弥, 根本裕太郎, 木見田康治, 下村芳樹 (2010). 機能の入出力表現に基づくサービスの設計知識管理手法. Designシンポジウム2010講演論文集, 東京.

Magazine Articles

  1. 大隈隆史, 根本裕太郎, 赤坂文弥 (2021). 「スマートシティ:まちの機能と文化の共創」を終えて. サービソロジー, 7(1): 35–37.
  2. 根本裕太郎, 清水雅之, 横尾健一郎, 三竹佑矢, 下村芳樹 (2021). 環境モニタリングを用いた水質改善装置の最適化. JETI, 69(3): 45–48.
  3. 根本裕太郎, 大隈隆史, 赤坂文弥 (2020). 特集解説 : 「スマートシティ:まちの機能と文化の共創」. サービソロジー, 7(1): 1–2.
  4. 根本裕太郎, ホーバック, 白肌邦生 (2020). コロナ禍におけるサービスとウェルビーイング. サービソロジー Webマガジン. URL
  5. 根本裕太郎 (2019). 書籍紹介: NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える. サービソロジー, 6(2): 55.
  6. 根本裕太郎, 井上祐樹, 丸山 文宏 (2019). サービス学会 第7回国内大会. サービソロジー, 6(2): 50–53.
  7. 原田 文雄, 福田 亮子, 白肌 邦生, 根本 裕太郎 (2019). ウェルビーイングで介護サービスを問い直す. サービソロジー, 6(1): 12–19.
  8. 根本裕太郎 (2019). 書籍紹介: 豊かさとは何か. サービソロジー, 5(4): 36.
  9. 下河原忠道, 根本裕太郎, 白肌邦生 (2019). 高齢者向け住宅の運営から見つめ直すサービス価値としての自律性と多様性. サービソロジー, 5(4): 28–37.
  10. 根本裕太郎 (2019). 特集「サービスにおけるウェルビーイングを問い直す」. サービソロジー, 5(4): 2–3.
  11. 下村芳樹, 根本裕太郎 (2018). 製品サービスシステムのタイムアクシスデザイン. 設計工学, 53(2): 134–141.
  12. 沼田絵梨子, 根本裕太郎, 原辰徳 (2017). 特集「サービス×テクノロジー」による革新とその社会的影響にあたって. サービソロジー, 4(1): 2–3.
  13. 根本裕太郎 (2015). The 7th CIRP Conference on Industrial Product-Service Systems 2015. サービソロジー, 2(2): 64–65.
  14. 根本裕太郎 (2015). 国際会議報告: The 7th CIRP Conference on Industrial Product-Service Systems (IPS2) 2015 参加報告. 精密工学会誌, 81(8): 752.

Awards

  1. 日本機械学会 第25回設計工学システム部門講演会 優秀講演表彰(2016年10月)
  2. International Design and Concurrent Engineering Conference 2015 (iDECON 2015) Best Paper Award(2015年9月)
  3. サービス学会 第1回国内大会 Best Presentation Award(学生部門)(2014年4月)

Grant

  1. 科研費(若手研究)パタン・ランゲージの方法論がデザインとその主体に与える影響の解明: 研究代表者, 2020年4月~2022年3月, 1,820千円.
  2. 科研費(特別研究員奨励費)実験的手法によるサービス設計知識の分析とそれに基づく知的設計支援環境の開発: 研究代表者, 2013年4月~2016年3月, 2,700千円 .
Scroll to top