People – Bach Quang Ho, Ph.D

ホー バック

東京工業大学 工学院経営工学系 エンジニアリングデザインコース 助教

研究分野

サービスマーケティング, 社会哲学

研究キーワード

Transformative Service Research, サービスデザイン, サービス力学

研究業績

Google scholar | Researchmap
(以下,太字はTSRに関連)

Journal Papers

  1. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2021). Actor Transformation in Service: A Process Model for Vulnerable Consumers. Journal of Service Theory and Practice, https://doi.org/10.1108/JSTP-04-2020-0083.
  2. Ho, Bach Q. (2021). Effects of Learning Process and Self-Efficacy in Real-World Education for Sustainable Development. Sustainability, 13(1), 403.
  3. 原辰徳, ホーバック, 白藤翔平, 沖田泰良, 栗山幸久, 越塚誠一 (2020). 人工物工学の新たな教育展開:創出のための理解と振り返りを重視したプロジェクト型演習. シンセシオロジー, 13(1), (印刷中).
  4. Ho, Bach Q. and Inoue, Yuki (2020). Driving Network Externalities in Education for Sustainable Development. Sustainability, 12(20), 8539.
  5. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2020). Barriers to Elderly Consumers’ Use of Support Services: Community Support in Japan’s Super-Aged Society. Journal of Nonprofit and Public Sector Marketing, 32(3), 242-263.
  6. 原辰徳, ホーバック, 宮本瞭, 青池孝, 倉田陽平, 太田順 (2020). 観光と周辺散策の見どころ情報の提示によるまち歩き観光プランニングの支援. 観光と情報, 16(1), 33-48.
  7. Ho, Bach Q., Murae, Yuna, Hara, Tatsunori, and Okada, Yukihiko (2019). Consumer Experience as Supplier on Value Co-Creation Behavior. Journal of Serviceology, 4(1), 1-7.
  8. Murae, Yuna, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori and Okada, Yukihiko (2019). Two Aspects of Customer Participation Behaviors and Different Effects in Service Delivery: Evidence from Home Delivery Services. Journal of Marketing Development and Competitiveness, 13(1), 45-58.
  9. ホーバック, 原辰徳 (2019). 修学旅行生の地域づくりへの関心を高めるスタディツアーの効果分析. 地域活性研究, 10, 11-20.
  10. Shirahada, Kunio, Ho, Bach Q. and Wilson, Alan (2019). Online Public Services Usage and the Elderly: Assessing Determinants of Technology Readiness in Japan and the UK. Technology in Society, 58, 101115.
  11. ホーバック, 原辰徳 (2019). 地域コミュニティの持続可能性を高める住民の変革とゾーンデザイン. 地域デザイン, 13, 41-62.
  12. 原辰徳, 品川泰崇, ホーバック, 倉田陽平, 太田順 (2018). CT-Planalyzer: 観光プランの推薦技術を用いた地域の観光特徴の分析方法. 観光と情報, 14(1), 59-70.
  13. 白肌邦生,ホーバック (2018). ウェルビーイング志向の価値共創とその分析視点. サービソロジー論文誌, 1(1), 1-9. https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/16008/1/24143.pdf
  14. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2016). Knowledge Co-Creation and Co-Created Value in the Service for the Elderly. International Journal of Knowledge and Systems Science, 7(2), 28-39.
  15. ホーバック,白肌邦生 (2015). 地方高齢者の購買行動特性の分析. 地域活性研究,6, 71-78.

Master’s Dissertation

ホーバック (2014). 地域内共助を促進する厚生価値共創サービスシステムモデル:石川県能美市における高齢者購買行動の事例分析北陸先端科学技術大学院大学.

Doctoral Dissertation

ホーバック (2017). 高齢化社会における持続可能な地方地域のためのサービスシステムの研究北陸先端科学技術大学院大学.

Books

  1. ホーバック (2021). S-Dロジック思考のWell-Being. 井上崇通編『サービス・ドミナント・ロジックの核心』同文舘出版(近刊).
  2. Ho, Bao T., Taewijit, Siriwon, Ho, Bach Q. and Dam, Chi H. (2013). Big Data and Service Science. Progressive Trends in Knowledge and System-Based Science for Service Innovation, edited by Kosaka, M. and Shirahada K., IGI-Global, 128-144.

Peer-Reviewed Proceedings

  1. Ho, Bach Q., and Nemoto, Yutaro (2021). Design for Service Exchange: A Service Design Framework for Human Well-Being, Proceedings of the 2021 Frontiers in Service Conference, xxx-xxx.
  2. Siddike, Md. Abul Kalam, and Ho, Bach Q. (2020). A Framework of Emotional Value Co-Creation in AI-Based Concierge Services for Tourists. Proceedings of 2020 Global Marketing Conference (GMC), xxx-xxx.
  3. Ho, Bach Q., Shibuya, Kei, and Yoshida, Makiko (2020). Beyond Empathy: Assessment of Emotional Value Co-Creation with Wearable Device. Conference Proceedings of AMA SERVSIG 2020, 210-212.            – Selected as the BEST CONFERENCE PAPER AWARD Finalist
  4. 原辰徳, ホーバック, 倉田陽平 (2020). サービスデザインとデスティネーション・マーケティング:余白のある観光プラニングサービスを導入し,得られたデータを利活用する. サービス学会第8回国内大会講演論文集, B-3-04.
  5. 青池孝, ホーバック, 原辰徳, 太田順, 倉田陽平 (2020). 観光サービスにおける旅行者の人込み許容度の変化. サービス学会第8回国内大会予稿集, B-4-03.             – 最優秀論文賞受賞
  6. 浦田康快, 原辰徳, 川中孝章, ホーバック,太田順,加藤尚志, 丸尾拓也, 小浜勇人, 大岩將人 (2019). 簡易脳波計測を用いた購買における顧客心理の変動分析. サービス学会第8回国内大会講演論文集, 2P01-25-08.
  7. Fukushima, Ryo, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, Ota, Jun, Kawada, Rena, and Arimitsu, Narito (2020). Identify Features Representing Cognitive Competency of Front-Line Employees in Hospitality Industry: Discovering Concept of “Serving not to Serve.” Proceedings of the 7th International Conference on Serviceology (ICServ 2020), 3-19.             – Selected as the BEST PAPER AWARD
  8. Shibuya, Kei, Yoshida, Makiko, and Ho, Bach Q. (2020). Problems Structure for Employee Well-Being in the Workplace: Personal and Organizational Well-Being. Proceedings of the 7th International Conference on Serviceology (ICServ 2020), 124-140.
  9. Hamano, Masafumi, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, and Ota, Jun (2020). Service Ecosystem Design Using Social Modeling to Incorporate Customers’ Behavioral Logic. Proceedings of the 7th International Conference on Serviceology (ICServ 2020), 217-234.            – Selected as the Second BEST PAPER AWARD
  10. Li, Yangxu, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, and Ota, Jun (2020). Automatic Assessment System of Operators’ Risk in Order Picking Process for Task Analysis. Proceedings of the 3rd International Conference on Intelligent Human System Integration (IHSI 2020), (In press).
  11. 原辰徳,ホーバック,白藤翔平,沖田泰良,栗山幸久,越塚誠一 (2019). プロジェクト型演習と振り返りを取り入れた構成型工学の教育:東大大学院集中講義「人工物を創出するための理解」での取り組みから. 第10回横幹連合コンファレンス予稿集, F-5.
  12. 浦田康快, 原辰徳, 川中孝章, 太田順, ホーバック, 加藤尚志, 丸尾拓也, 大岩將人 (2019). 利用文脈を考慮した購買に関する顧客体験のモデル化に向けた生理計測の活用. Designシンポジウム2019発表概要集, 217-223.
  13. Nakai, Akie, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, and Okada, Yukihiko (2019). Cause and Effects of Customer’s Actorship in Value Co-Creation Process: Evidence from Home Delivery Service in Japan. Proceedings of the 10th International Research Symposium in Service Management (IRSSM 10), 49-60. – Selected as the HIGHLY COMMENDED AWARD, and the YOUNG RESEARCHER AWARD
  14. 原辰徳, ホーバック, 倉田陽平 (2019). 観光プランニングサービスの基盤化と社会展開~地域向け技術とAPI公開と発展研究~. 観光情報学会 第16回全国大会講演予稿集, 23-24.
  15. ホーバック,原辰徳 (2019). ソーシャルセクターに関するコミュニティ形成のためのイベント型プラットフォームサービスの効果分析. サービス学会 第7回国内大会 予稿集,A-11-01.
  16. 濱野雅史, ホーバック,原辰徳,太田順 (2019). 宅配サービスの利便性が顧客心理と行動にもたらす影響の分析. サービス学会 第7回国内大会 予稿集,B-12-04.
  17. 労心怡, 村江優奈, ホーバック,原辰徳 (2019). 宅配サービスにおける顧客の価値共創行動を減退させるサービスの失敗の分析. サービス学会 第7回国内大会 予稿集,PO-19.       最優秀ポスター賞受賞
  18. Aoike, Takashi, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, Ota, Jun, and Kurata, Yohei (2019). Utilising Crowd Information of Tourist Spots in an Interactive Tour Recommender System. Proceedings of Information and Communication Technologies in Tourism 2019 (ENTER 19), 27-39.
  19. Ho, Bach Q. (2018). Service Ecosystem Modeling for Community Sustainability in Rural Areas. Proceedings of Joint International Conference of Service Science and Innovation and Serviceology, 111-118.
  20. Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, Murae, Yuna and Okada, Yukihiko (2018). The Influence of Experience as a Supplier on Value Co-Creation Behavior of Consumers: The Experience of the Sender in Home Delivery Services. Proceedings of Joint International Conference of Service Science and Innovation and Serviceology, 331-338.
  21. Ho, Bach Q. (2018). Service Design for Elderly People in Transformative Service Research. Proceedings of Joint International Conference of Service Science and Innovation and Serviceology, 423-426.
  22. ホーバック,原辰徳 (2018). 修学旅行における地域課題スタディツアーの効果分析. 地域活性学会 第10回研究大会 一般研究発表論文集,94-97.
  23. ホーバック (2018). スタディツアーを通じた地域デザインへの参画意識の醸成. 地域デザイン学会 第8回全国大会 講演論文集,52-55.
  24. 青池孝, ホーバック, 倉田陽平, 太田順, 原辰徳 (2018). 対話的な人込み情報の提示による旅行計画支援手法の開発. 第15回観光情報学会全国大会講演予稿集, 31-32.
  25. ホーバック,原辰徳,金圭源,太田順 (2018). S-Dロジックに基づく共助サービスのデザイン手法. サービス学会 第6回国内大会 講演論文集,PO-04.
  26. 原辰徳,倉田陽平,ホーバック (2018). サービス学からみた観光プランニングサービスの実践と社会実装. サービス学会 第6回国内大会 講演論文集,2-9-02.
  27. 立岡宏治,福島稜,ホーバック,原辰徳,太田順,津坂有紀,有満也人 (2018). 旅客心理に寄り添う客室乗務員の気づきのスキル習得を促進する学習教材.サービス学会 第6回国内大会 講演論文集,PO-08.
  28. 村江優奈,ホーバック,原辰徳,岡田幸彦 (2018). 物流サービスにおける顧客特性に着目した顧客参加の先行要因の検討.サービス学会 第6回国内大会 講演論文集,PO-09.
  29. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2017). Service as a Platform to Promote Prosocial Behavior in the Elderly. Proceedings of 5th International Conference on Serviceology, 47-55.
  30. ホーバック,白肌邦生 (2017). 高齢化社会に向けた高齢者変革サービスモデルの提案. サービス学会 第5回国内大会 講演論文集,290-297.          – 最優秀ポスター賞受賞
  31. Ho, Bach Q., Shirahada, Kunio and Wilson, Alan (2016). Online Public Services Access and the Elderly: Assessing Determinants of Behaviour in the UK and Japan. Conference Proceedings of AMA SERVSIG 2016, 639-643.
  32. ホーバック,白肌邦生 (2016). 共助サービスへの動機付け要因の分析. サービス学会 第4回国内大会 講演論文集,98-102.
  33. ホーバック,周鵬程,白肌邦生  (2016). 向社会的サービスへの参加を促進する知識共有の考察. 知識共創,6,Ⅴ2—1-Ⅴ2—7.
  34. ホーバック,白肌邦生 (2015). アクティブシニアによる持続可能な地域づくり:若々しさ指標の開発と学助によるその醸成. 地域活性学会 第7回研究大会 論文集,271-274.
  35. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2015). Elderly Fear of Participation in Service. Proceedings of QUIS14, 32-41.
  36. ホーバック,白肌邦生 (2015). 自分ごと化促進のためのツーリズム手法「ServEduVentureモデル」の提案. サービス学会 第3回国内大会 講演論文集,525-528.
  37. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2014). Premise Knowledge Determining Customer Experiential Value. Proceedings of the 3rd Asian Conference on Information Systems (ACIS 2014), 457-461.Selected as the BEST PAPER AWARD
  38. Shirahada, Kunio, Ho, Bach Q. and Fisk, Raymond P. (2014). Sustainable Value Co-Creation: A SATOYAMA Case in Japan. Conference Proceedings of the AMA SERVSIG 2014,81-90.
  39. ホーバック,白肌邦生 (2014). 高齢者買い物支援サービス事例分析に基づく厚生サービスシステム評価視点の提案. サービス学会 第2回国内大会 講演論文集,119-122.
  40. ホーバック,春名陽二朗,遠藤純平,滝ヶ浦正尚,白肌邦生 (2014). 体験価値視点に基づくサービス設計の提案Ⅱ:顧客満足度を高めるサービスプロセスにおける知識共創の影響分析. サービス学会 第2回国内大会 講演論文集,313-315.
  41. 春名陽二朗,ホーバック,遠藤純平,滝ヶ浦正尚,白肌邦生 (2014). 体験価値視点に基づくサービス設計の提案Ⅰ:九谷陶芸村まつりの満足感醸成に与える体験価値因子の分析. サービス学会 第2回国内大会 講演論文集,310-312.
  42. ホーバック,川崎隆史,白肌邦生,ダムヒョウチ (2014). 知識共創の「自分ごと化」への影響分析:九谷陶芸村まつりにおける社会実験. 知識共創,4,Ⅲ3—1-Ⅲ3—6.
  43. ホーバック,白肌邦生,レイモンドフィスク (2013). Transformative Service Research Ⅱ:アクセス性課題を克服するサービスシステムの事例研究. サービス学会 第1回国内大会講演論文集,334-339.
  44. ホーバック,白肌邦生 (2013). 地域の知識共創を促進する住民自律型NPOの分析. 知識共創,3,Ⅲ1—1-Ⅲ1—9.
  45. ホーバック,白肌邦生 (2012). 原価低減と環境負荷に係る知識創造を促す管理会計手法の考察. 知識共創,2,Ⅴ8—1-Ⅴ8—6.

Proceedings

  1. ホーバック (2020). サービス交換と社会のWell-Being. サービス学会第8回国内大会予稿集, OS-4-01.
  2. 根本裕太郎, ホーバック (2020). Well-Beingを物語るサービスデザイン. サービス学会第8回国内大会予稿集, OS-4-03.
  3. 渋谷恵, ホーバック (2020). Business Action Research (BAR)のすゝめ:働き方のTSR. サービス学会第8回国内大会予稿集, OS-4-04.
  4. 原辰徳, ホーバック, 宮本瞭, 青池孝, 太田順, 倉田陽平 (2019). まち歩きを加味した観光プランニング支援手法の構築とその検証. 観光情報学会 第19回研究会講演論文集, 16-19.
  5. 宮本瞭, 青池孝, ホーバック, 原辰徳, 太田順, 倉田陽平 (2018). 推薦プランに周辺散策を加味したまち歩き観光支援. 観光情報学会第18回研究発表会講演論文集, 39-42.
  6. 青池孝,ホーバック,倉田陽平,太田順,原辰徳 (2017). 旅行者にとっての混雑問題に対話的に取り組む旅行計画支援. 観光情報学会第16回研究発表会講演論文集, 5-8.
  7. 金圭源,原辰徳,ホーバック,太田順 (2017). ゴール指向要求分析を加えた価値星座モデルによる価値共創プロセスの詳細化. 日本機械学会 第27回設計工学・システム部門講演会論文集,講演番号1407.
  8. ホーバック,白肌邦生,小坂満隆 (2012). 地球資源の持続的利用のための環境効率性指標の提案. 電気学会 第40回情報システム研究会 電気学会研究会資料,73-75.

International Conferences

  1. Siddike, Md. Abul Kalam, and Ho, Bach Q. (2020). A Framework of Emotional Value Co-Creation in AI-Based Concierge Services for Tourists. 2020 Global Marketing Conference (GMC), Seoul, Korean (Online), November 5-7.
  2. Fukushima, Ryo, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, Ota, Jun, Kawada, Rena, and Arimitsu, Narito (2020). Identify Features Representing Cognitive Competency of Front-Line Employees in Hospitality Industry: Discovering Concept of “Serving not to Serve.” The 7th International Conference on Serviceology (ICServ 2020), Osaka, Japan, March 13-15.
  3. Shibuya, Kei, Yoshida, Makiko, and Ho, Bach Q. (2020). Problems Structure for Employee Well-Being in the Workplace: Personal and Organizational Well-Being. The 7th International Conference on Serviceology (ICServ 2020), Osaka, Japan, March 13-15.
  4. Hamano, Masafumi, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, and Ota, Jun (2020). Service Ecosystem Design Using Social Modeling to Incorporate Customers’ Behavioral Logic. The 7th International Conference on Serviceology (ICServ 2020), Osaka, Japan, March 13-15.
  5. Li, Yangxu, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, and Ota, Jun (2020). Automatic Assessment System of Operators’ Risk in Order Picking Process for Task Analysis. The 3rd International Conference on Intelligent Human System Integration (IHSI 2020), Modena, Italy, February 19-21.
  6. Nakai, Akie, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, and Okada, Yukihiko (2019). Cause and Effects of Customer’s Actorship in Value Co-Creation Process: Evidence from Home Delivery Service in Japan. The 10th International Research Symposium in Service Management (IRSSM 10), Dubai, UAE, October 6-9.
  7. Aoike, Takashi, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, Ota, Jun, and Kurata, Yohei (2019). Utilising Crowd Information of Tourist Spots in an Interactive Tour Recommender System. International Conference of Information and Communication Technologies in Tourism 2019 (ENTER 19), Nicosia, Cyprus, January 30-February 1.
  8. Ho, Bach Q. (2018). Service Ecosystem Modeling for Community Sustainability in Rural Areas. Joint International Conference of Service Science and Innovation and Serviceology (ICSSI2018 and ICServ2018), Taichung, Taiwan, November 13-15.
  9. Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori, Murae, Yuna and Okada, Yukihiko (2018). The Influence of Experience as a Supplier on Value Co-Creation Behavior of Consumers: The Experience of the Sender in Home Delivery Services. Joint International Conference of Service Science and Innovation and Serviceology (ICSSI2018 and ICServ2018), Taichung, Taiwan, November 13-15.
  10. Ho, Bach Q. (2018). Service Design for Elderly People in Transformative Service Research. Joint International Conference of Service Science and Innovation and Serviceology (ICSSI2018 and ICServ2018), Taichung, Taiwan, November 13-15.
  11. Murae, Yuna, Ho, Bach Q., Hara, Tatsunori and Yukihiko Okada (2018). Two Aspects of Customer Participation Behavior: Empirical Analysis in Japanese Home Delivery Service. Frontiers in Service 2018, Austin, Texas, September 6-9.
  12. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2017). Service as a Platform to Promote Prosocial Behavior in the Elderly. 5th International Conference on Serviceology (ICServ2017), Vienna, Austria, July 12-14.
  13. Ho, Bach Q., Shirahada, Kunio and Wilson, Alan (2016). Online Public Services Access and the Elderly: Assessing Determinants of Behaviour in the UK and Japan. AMA SERVSIG 2016, Maastricht, The Netherlands, June 17-19.
  14. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2015). Elderly Fear of Participation in Service. The 14th International Research Symposium on Service Excellence in Management (QUIS 14), Shanghai, China, June 18-21.
  15. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2014). Premise Knowledge Determining Customer Experiential Value. The 3rd Asian Conference on Information Systems (ACIS 2014), Nha Trang, Viet Nam, December 1-3.
  16. Shirahada, Kunio, Ho, Bach Q. and Fisk, Raymond P. (2014). Sustainable Value Co-Creation: A SATOYAMA Case in Japan. AMA SERVSIG 2014,Thessaloniki,Greece, June 13-15.

National Conferences

  1. 會澤三士郎,ホーバック,妹尾大 (2020). メンタリングの伝染:メンタリングが周囲に与える影響. 経営情報学会2020年全国研究発表大会, 東京(オンライン), November 7-8.(ポスター発表)
  2. 原田茂樹,ホーバック,妹尾大 (2020). ワークプレイスの何がワークプレイス・フレンドシップに影響を与えるか? 経営情報学会2020年全国研究発表大会, 東京(オンライン), November 7-8. (ポスター発表)
  3. 布施遥,ホーバック,妹尾大 (2020). デジタルライブエンターテインメントにおける顧客感動についての考察. 経営情報学会2020年全国研究発表大会, 東京(オンライン), November 7-8. (ポスター発表)
  4. 舩岡知広,ホーバック,妹尾大 (2020). スポンサー企業のソーシャルメディア活用に関する研究:スポンサーフィットの先行要因. 経営情報学会2020年全国研究発表大会, 東京(オンライン), November 7-8. (ポスター発表)
  5. 山口裕貴,ホーバック,妹尾大 (2020). 自己管理型バーチャルチームにおける共有型リーダーシップの測定. 経営情報学会2020年全国研究発表大会, 東京(オンライン), November 7-8. (ポスター発表)
  6. 稲田りお,ホーバック,妹尾大 (2020). ネット炎上における特定班の特性. 経営情報学会2020年全国研究発表大会, 東京(オンライン), November 7-8. (ポスター発表)
  7. 和田義規,ホーバック,妹尾大 (2020). 組織での対人関係とユーモア能力. 経営情報学会2020年全国研究発表大会, 東京(オンライン), November 7-8. (ポスター発表)
  8. ホーバック (2020). サービス交換と社会のWell-Being. サービス学会第8回国内大会, 大阪, March 12-13.
  9. 根本裕太郎, ホーバック (2020). Well-Beingを物語るサービスデザイン. サービス学会第8回国内大会, 大阪, March 12-13.
  10. 渋谷恵, ホーバック (2020). Business Action Research (BAR)のすゝめ:働き方のTSR. サービス学会第8回国内大会, 大阪, March 12-13.
  11. 原辰徳, ホーバック, 倉田陽平 (2020). サービスデザインとデスティネーション・マーケティング:余白のある観光プラニングサービスを導入し,得られたデータを利活用する. サービス学会第8回国内大会, 大阪, March 12-13.
  12. 青池孝, ホーバック, 原辰徳, 太田順, 倉田陽平 (2020). 観光サービスにおける旅行者の人込み許容度の変化. サービス学会第8回国内大会, 大阪, March 12-13.
  13. 浦田康快, 原辰徳, 川中孝章, ホーバック,太田順,加藤尚志, 丸尾拓也, 小浜勇人, 大岩將人 (2020). 簡易脳波計測を用いた購買における顧客心理の変動分析. サービス学会第8回国内大会, 大阪, March 12-13.             (ポスター発表)
  14. 原辰徳,ホーバック,白藤翔平,沖田泰良,栗山幸久,越塚誠一 (2019). プロジェクト型演習と振り返りを取り入れた構成型工学の教育:東大大学院集中講義「人工物を創出するための理解」での取り組みから. 第10回横幹連合コンファレンス, 新潟, November 30-December 1.
  15. 浦田康快, 原辰徳, 川中孝章, 太田順, ホーバック, 加藤尚志, 丸尾拓也, 大岩將人 (2019). 利用文脈を考慮した購買に関する顧客体験のモデル化に向けた生理計測の活用. Designシンポジウム2019, 東京, November 16-17.
  16. 原辰徳,ホーバック,倉田陽平 (2019). 観光プランニングサービスの基盤化と社会展開:地域向け技術とAPI公開と発展研究. 第16回観光情報学会全国大会,鳥取,June 29-30.
  17. 原辰徳, ホーバック, 宮本瞭, 青池孝, 太田順, 倉田陽平 (2019). まち歩きを加味した観光プランニング支援手法の構築とその検証. 観光情報学会 第19回研究会, 東京, May 18.
  18. ホーバック,原辰徳 (2019). ソーシャルセクターに関するコミュニティ形成のためのイベント型プラットフォームサービスの効果分析. サービス学会 第7回国内大会,東京,March 2-3.
  19. 濱野雅史, ホーバック,原辰徳,太田順 (2019). 宅配サービスの利便性が顧客心理と行動にもたらす影響の分析. サービス学会 第7回国内大会,東京,March 2-3.
  20. 労心怡, 村江優奈, ホーバック,原辰徳 (2019). 宅配サービスにおける顧客の価値共創行動を減退させるサービスの失敗の分析. サービス学会 第7回国内大会,東京,March 2-3.  (ポスター発表)
  21. 宮本瞭, 青池孝, ホーバック, 原辰徳, 太田順, 倉田陽平 (2018). 推薦プランに周辺散策を加味したまち歩き観光支援. 観光情報学会第18回研究発表会,広島,November 17.
  22. ホーバック,原辰徳 (2018). 修学旅行における地域課題スタディツアーの効果分析. 地域活性学会 第10回研究大会,東京,September 15-16.
  23. ホーバック (2018). スタディツアーを通じた地域デザインへの参画意識の醸成. 地域デザイン学会 第8回全国大会,東京,September 1.
  24. 青池孝, ホーバック, 倉田陽平, 太田順, 原辰徳 (2018). 対話的な人込み情報の提示による旅行計画支援手法の開発. 第15回観光情報学会全国大会,福岡,June 30-July 1.
  25. ホーバック,原辰徳,金圭源,太田順 (2018). S-Dロジックに基づく共助サービスのデザイン手法. サービス学会 第6回国内大会,東京,March 10-11. (ポスター発表)
  26. 原辰徳,倉田陽平,ホーバック (2018). サービス学からみた観光プランニングサービスの実践と社会実装. サービス学会 第6回国内大会,東京,March 10-11.
  27. 立岡宏治,福島稜,ホーバック,原辰徳,太田順,津坂有紀,有満也人 (2018). 旅客心理に寄り添う客室乗務員の気づきのスキル習得を促進する学習教材.サービス学会 第6回国内大会,東京,March 10-11. (ポスター発表)
  28. 村江優奈,ホーバック,原辰徳,岡田幸彦 (2018). 物流サービスにおける顧客特性に着目した顧客参加の先行要因の検討.サービス学会 第6回国内大会,東京,March 10-11. (ポスター発表)
  29. 青池孝,ホーバック,倉田陽平,太田順,原辰徳 (2017). 旅行者にとっての混雑問題に対話的に取り組む旅行計画支援. 観光情報学会第16回研究発表会, 鳥取,September 18.
  30. 金圭源,原辰徳,ホーバック,太田順 (2017). ゴール指向要求分析を加えた価値星座モデルによる価値共創プロセスの詳細化. 日本機械学会 第27回設計工学・システム部門講演会,山口,September 13-15.
  31. 原辰徳,倉田陽平,ホーバック (2017). 観光プランニングサービスの基盤化と社会展開. 第14回観光情報学会全国大会,静岡,July 1-2.
  32. ホーバック,白肌邦生 (2017). 高齢化社会に向けた高齢者変革サービスモデルの提案. サービス学会 第5回国内大会,広島,March 27-28. (ポスター発表)
  33. ホーバック,白肌邦生 (2016).共助サービスへの動機付け要因の分析. サービス学会 第4回国内大会,兵庫,March 28-29.
  34. ホーバック,周鵬程,白肌邦生 (2016).向社会的サービスへの参加を促進する知識共有の考察. 第6回 知識共創フォーラム,石川,March 12-13.(ポスター発表)
  35. ホーバック,白肌邦生 (2015).アクティブシニアによる持続可能な地域づくり:若々しさ指標の開発と学助によるその醸成. 地域活性学会 第7回研究大会,兵庫,September 4-6.
  36. ホーバック,白肌邦生 (2015).自分ごと化促進のためのツーリズム手法「ServEduVentureモデル」の提案. サービス学会 第3回国内大会,石川,April 8-9.(ポスター発表)
  37. ホーバック,白肌邦生 (2015).購買行動支援における高齢者の恐れを克服する知識共有プロセスの分析. 第5回 知識共創フォーラム,石川,March 7-8.(ポスター発表、プロシーディングなし)
  38. Zhou, Pengcheng, Bugaa, Urangoo, Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2015).An Analysis of Knowledge Acquisition by Self-Service Technology: A Case of 3D Printer Workshop for Traditional Pottery Personnel. 第5回 知識共創フォーラム,石川,March 7-8.(ポスター発表)
  39. ホーバック,白肌邦生 (2014).高齢者買い物支援サービス事例分析に基づく厚生サービスシステム評価視点の提案. サービス学会 第2回国内大会,北海道,April 28-29.
  40. 春名陽二朗,ホーバック,遠藤純平,滝ヶ浦正尚,白肌邦生 (2014).体験価値視点に基づくサービス設計の提案Ⅰ:九谷陶芸村まつりの満足感醸成に与える体験価値因子の分析. サービス学会 第2回国内大会,北海道,April 28-29.(ポスター発表)
  41. ホーバック,春名陽二朗,遠藤純平,滝ヶ浦正尚,白肌邦生 (2014).体験価値視点に基づくサービス設計の提案Ⅱ:顧客満足度を高めるサービスプロセスにおける知識共創の影響分析. サービス学会 第2回国内大会,北海道,April 28-29.(ポスター発表)
  42. ホーバック,川崎隆史,白肌邦生,ダムヒョウチ (2014).知識共創の「自分ごと化」への影響分析:九谷陶芸村まつりにおける社会実験. 第4回 知識共創フォーラム,石川,March 17-18.
  43. Ho, Bach Q.,白肌邦生,Fisk, Raymond P. (2013).Transformative Service Research II:アクセス性課題を克服するサービスシステムの事例研究. サービス学会 第1回国内大会,京都,April 10-11.(ポスター発表)
  44. ホーバック,白肌邦生 (2013).地域の知識共創を促進する住民自律型NPOの分析. 第3回 知識共創フォーラム,東京,March 2-3.
  45. Ho, Bach Q.,白肌邦生,小坂満隆 (2012).地球資源の持続的利用のための環境効率性指標の提案. 電気学会 情報システム研究会,石川,May 17-18.
  46. ホーバック,白肌邦生 (2012).原価低減と環境負荷低減に係る知識創造を促す管理会計手法の考察. 第2回 知識共創フォーラム,石川,March 3-4.(ポスター発表)

Contributions to Journals

  1. 根本裕太郎,ホーバック,白肌邦生 (2020). コロナ禍におけるサービスとウェルビーイング. サービソロジー Webマガジン. URL
  2. ホーバック,安部敏樹 (2019).日常からの逃走:観光のまなざしとウェルビーイング. サービソロジー, 6(1),20-27.(解説論文)https://www.jstage.jst.go.jp/article/serviceology/6/1/6_20/_html/-char/ja
  3. ホーバック,國領二郎 (2018). 科学技術開発に対するサービス研究の在り方. サービソロジー, 5(2),32-35.(インタビュー記事)
  4. ホーバック, 井上崇通 (2018).サービス・ドミナント・ロジックへの理解. サービソロジー, 4(4),44-49.(インタビュー記事)
  5. ホーバック (2017).The 15th International Research Symposium on Service Excellence in Management (QUIS15). サービソロジー, 4(3),38-39.(会議報告)

Invited and Seminar Talks

  1. Ho, Bach Q. (2018). Transformative Service Research in Asia: The Challenge to Design of Service and Human Well-Being. Introduction of Service Science in UEH, Ho Chi Minh, Viet Nam, October 5.
  2. Ho, Bach Q. (2018). Actor Transformation in Transformative Service Research. The 1st Asian Forum for Transformative Service Research, Shanghai, China, March 19-21.
  3. ホーバック (2017). 地域住民の共助意識を高めるサービス設計手法の提案. The 3rd PICMET Japan Talk Meeting , 東京,October 23.
  4. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2017). Online Public Service for the Elderly: The Reality and Potential Issues. Service and Well-Being Action Workshop on QUIS15, Porto, Portugal, June 12.
  5. ホーバック (2017). 高齢化社会における持続可能な地域の形成に向けて:住民参加のためのサービスシステムとTechnology Readiness. 東京大学人工物工学研究センター第29回人工物コロキウム「人と社会と人工物が交差するシステム」, 千葉,February 14.
  6. Ho, Bach Q. and Shirahada, Kunio (2014). Well-Being Value Co-Creation Service System Model for Promoting Mutual Assistance. JAIST-BEIHANG Workshop, Beijing, China, March 5-6.

Others

  • 日本国際賞平成記念研究助成,国際科学技術財団,2021年4月
  • Best Conference Paper Award finalist, AMA SERVSIG 2020, August 2020
  • 最優秀論文賞,サービス学会 第8回国内大会,2020年3月
  • Best Paper Award, 7th International Conference on Serviceology, March 2020
  • Second Best Paper Award, 7th International Conference on Serviceology, March 2020
  • Young Researcher Award, 10th International Research Symposium in Service Management (IRSSM 10), October 2019
  • Highly Commended Award, 10th International Research Symposium in Service Management (IRSSM 10), October 2019
  • 科研費 若手研究 (研究課題/領域番号:19K20564),日本学術振興会,2019年4月
  • ベストポスター賞,サービス学会 第7回国内大会,2019年3月
  • ベストポスター賞,サービス学会 第5回国内大会,2017年3月
  • 業績優秀者返還免除(半額),日本学生支援機構第一種奨学金,2017年6月
  • 優秀修了賞,北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 首席修了,2017年3月.
  • 学長賞,北陸先端科学技術大学院大学,2016年9月
  • 海外留学支援制度採用,日本学生支援機構,2015年8月
  • 奨励賞,平成26年度 大学・地域連携アクティブフォーラム,2015年2月
  • Best Paper Award, The 3rd Asian Conference on Information Systems (ACIS 2014), December, 2014
  • 5Dプログラム,北陸先端科学技術大学院大学 学生給付奨学金,2011年11月

Scroll to top